ヒント帳

つながり作り

65歳からの社会とのつながり方【STEP2】

身近なイベントや地域活動の情報を集めてみよう

65歳からの社会とのつながり方【STEP2】

いくつになっても、社会とゆるやかにつながるために

【STEP1】では、日々の生活において人との関わりを持つことが健康にもよい影響を及ぼすことについてお話ししました。試しに興味がありそうなものに参加してみようかな、と思ったら、次は身近で開催されているイベントや地域活動などの情報を探してみましょう。

まずは調べてみよう

地域の回覧板や掲示板には、身近なイベント情報がたくさん掲載されています。
ポストに入るチラシや広報よこはま、街のタウン誌、新聞なども、チェックしていると興味のある情報を見つけられるかもしれません。 そのほか、横浜市では地域活動の情報を提供している施設が複数あります。

地区センター

地区センターは、地域の住民が自主的に活動し、生活環境の向上のためにスポーツやレクリエーション、クラブ活動等を通して交流を深めることを目的として設置されています。子どもから高年齢者まで、幅広い層の市民が誰でも気軽に利用できます。

▶︎お住まいの地域の地区センターを探す

コミュニティハウス

地域の方が生涯学習や地域活動の場として利用できる施設です。グループ活動などに利用できる研修室や和室などがあります。
また、学校施設を活用したコミュニティハウスもあります。多目的室やミーティングサロン、市民図書室などがあり、各種学習や趣味の講座なども開催しています。

▶︎お住まいの区のコミュニティハウスを探す

各区の市民活動・生涯学習支援センター

「何かを始めたい」「もっとたくさんの人といろいろな活動をしたい」という生涯学習や市民活動を応援するために、横浜市が設置している施設です。市や区、民間などで実施している講座・講演会・イベントなどの学習や活動に関する情報を提供しており、チラシや情報紙を手に取って見ることもできます。

「一緒に学習する仲間が欲しいので、サークルを紹介してほしい」
「点字を覚えてボランティアをしたい」
「特技を活かして地域の役に立ちたい」
など、グループ活動や学習活動をサポートしてくれる職員もいますよ。お近くの施設を探してみてくださいね。

▶︎お住まいの区の市民活動・生涯学習支援センターを探す
(名称は、各区により異なります)

地域ケアプラザ

高年齢者、子ども、障害のある人など誰もが安心して暮らせるよう、身近な福祉・保健の拠点としてさまざまな取り組みを行っている横浜市独自の施設です。
体操教室や健康講座などの開催、また、地域の交流の場として多目的ホールを利用できるほか、ボランティア活動の相談も受け付けています。

▶︎地域ケアプラザ(地域包括支援センター)を探す

ヨコハマ地域活動・サービス検索ナビ

地域の方々が中心となって行うサロンや趣味活動の場、日常生活のちょっとした困り事をお手伝いする活動の情報などを検索できるWebサイトです。
「家から歩いて行ける場所に、趣味が楽しめる活動はあるのかな」
「体力が維持できるように、気軽に体操できる場所はないかな」
など、身近なエリアの情報について、パソコンやスマートフォンから簡単に調べることができます。

▶︎ヨコハマ地域活動・サービス検索ナビはこちら

具体的に何かやりたい!と思ったら

調べてみる中で、参加してみたいと思う活動があったら、ぜひ参加してみましょう。
何か新しいことを学びたいという方や、ボランティア活動に興味があるという方は、市や区のボランティアセンターを利用するのがおすすめです。定年退職後や引退後も何らかの仕事を続けたい方は、シルバー人材センターに登録して自分に合った仕事を探すこともできますよ。

ゴミ拾いのボランティアをしているイラスト

各区のボランティアセンター

ボランティアセンターは、ボランティア活動に関する相談受付や情報提供を行っている場所です。コーディネーターがボランティアをしたい人とボランティアを必要としている人をつなぎ、その後の活動を応援してくれます。また、ボランティア活動に必要な知識や技術を学ぶための講座を開催したり、活動中の事故に備えた保険の手続きなども行っています。

お住まいの地域でボランティア活動を探したい場合は、各区のボランティアセンターへ問い合わせてみてください。

▶︎各区のボランティアセンターを探したい方はこちら
▶︎横浜市ボランティアセンターのWebサイトはこちら

シルバー人材センター

「仕事を通して社会とつながりたい」という方は、シルバー人材センターへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。シルバー人材センターは高年齢者の生きがいの充実、また高年齢者の持つ知識と経験を活かした地域社会づくりを目的として事業活動を行っています。雇用関係ではなく、センターが発注者から引き受けた仕事を会員に提供し、会員がその仕事を遂行するというシステムです。たとえば、こんな仕事があります。

仕事の例

体を動かす仕事

ビル・マンションの清掃、スーパー等での作業、除草・草刈りなど

福祉・家事サービス

家庭内の掃除・洗濯・食事の支度、子どもの見守り、話し相手

技術を使う仕事

植木の手入れ、大工仕事、障子・襖の張り替え

配布する仕事

チラシ・広報紙のポスティング

施設管理の仕事

駐輪場・駐車場の管理

事務の仕事

書類・伝票整理、パソコン入力、賞状筆耕、宛名書き

教える仕事

各種講座の講師、パソコン指導

シルバー人材センターや地域の仕事

シルバー人材センターが運営する事業の仕事、空き家管理など

 

シルバー人材センターには、横浜市在住のおおむね60歳以上で、健康で働く意欲のある方、センターの事業趣旨に賛同する方が登録することができます。仕事を引き受けるかどうかは自分の意思で決めることができるので、まずは情報収集してみてはいかがでしょうか。仕事を通じた生きがいづくりの情報を探したい方は、ぜひ登録してみてください。

▶︎横浜市シルバー人材センターのWebサイトはこちら

あなたに合いそうな社会とのつながり方、イメージできましたか?まずは足を運んでみるのも、やりたいことを見つける第一歩。いきいきとした毎日を過ごすために、あなたに合った場所や新しいつながりが見つかることを応援しています!

関連記事

  1. 65歳からの社会とのつながり方【STEP1】

    65歳からの社会とのつながり方【STEP1】

    • つながり作り