ヒント帳

健康を維持したい

「健康寿命」を延ばすためにできること

GoGo健康!ライフを目指して〜元気なうちから介護予防

「健康寿命」を延ばすためにできること

「健康寿命」って何だろう?

あなたが今、楽しみにしていることは何ですか?
「毎朝散歩に行くのが日課」「ご飯が美味しい」「週末、友達とお喋りするのが楽しみ」
生き生きと毎日を過ごすために、今ある心地よい習慣や趣味の活動、年を重ねてもずっとキープしていきたいですよね。

平均寿命は「生まれてから亡くなるまでの期間」。健康寿命はそのうち「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことを指します。意外に思うかもしれませんが、健康寿命は平均寿命に比べて約10年ほど短いと言われています。つまり、最後の10年は健康上の理由から「今まで通りの日常生活」を変える必要が出てくることも多いのです。

健康寿命

横浜市では「健康寿命の延伸」を目指しています。心身の健康を保つことは、生き生きとした人生を歩むために欠かせない要素です。日常生活を不自由にする怪我や病気も、生活習慣を自分でチェックすることで予防することができます。これからの人生をより活動的に過ごすために、健康寿命を延ばすポイントを押さえていきましょう。

健康の落とし穴
「ロコモティブシンドローム」を知ろう

まずは、年をとると体にどんな変化が起きるのか?を知っていきましょう。そこで外せないのが「ロコモティブシンドローム」。
ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)とは、加齢に伴う筋力低下や骨・関節の疾患により「立つ・座る・歩く」などの能力が低下し、介護が必要になる可能性が高い状態のことを指します。「骨折・転倒」「関節疾患」「高齢による衰弱」などがこれに当てはまり、要支援認定の約半数、要介護認定理由の約4分の1はロコモが要因となっています。

要支援になった要因

要介護になった要因身体を動かす機能が低下すると、外出を控えたり、活動量が減ったりすることでさらに身体機能が低下する悪循環が生まれてしまいます。つまりロコモになることにより「健康寿命」が短くなってしまうわけですが、それを防ぐために、今日からできることがあります。健康寿命は日常のちょっとした工夫で延ばすことができるのです!

身体機能が低下する悪循環

暮らしの「あるある」で、健康チェック!

ここでは毎日の生活習慣を5つの項目に分けて見ていきましょう。暮らしの「あるある」をチェックすることで、自分が気にかけていくべきポイントを知ることができます。

まずはできることから実践していくことが将来の充実した生活につながります。項目ごとの豆知識と、健康寿命を延ばすためにできることをまとめたので「自分に当てはまる!」と思う項目があった方はぜひ読んでみてくださいね。

運動 食事口腔ケア医学管理社会参加

関連記事

  1. 健康寿命を延ばすコツ -運動編

    健康寿命を延ばすコツ -運動編

    • 健康を維持したい